voice of senior
先輩看護師の声

福井県済生会病院では現在、
多くの男性看護師が活躍しています。

男性看護師会(「だんねーざクラブ」)


五十嵐 健太

五十嵐 健太

私の祖母が病気で入院したとき、私はなかなかお見舞いに行くことができず、亡くなった後で、祖母が病室で一人の時に寂しい思いをしていたことを知りました。そんな時、祖母の話し相手になってくれたのが、その病院の看護師さんでした。祖母を支えてくれた看護師さんのようになりたいと思い看護師になりました。
男性看護師は女性では難しい力仕事をするときには活躍できます。当院は男性看護師も働きやすい職場だと思います。部署に関係なく男性看護師の先輩方が気さくに話しかけてくれたり、気にかけてくれたり、相談に乗ってくれたりするのでとても心強いです。
今後は様々な経験を積み、知識を深め、患者様の立場に立ち、患者から頼りにしてもらえるような看護師になりたいと思います。




小池 昌平

小池 昌平

 看護師は女性の方が大半で男性の看護師は少ないですが、当院に関しては男性看護師の割合は増えてきており、病棟にも3~4人は男性看護師がいるので働きやすくなっていると思います。
当院の男性看護師は、とってもユーモアのある優しい方ばかりなので、毎日楽しく仕事に取り組めます。
 看護師になって5年目になりましたが、まだまだ知らないことが多く日々仕事が勉強になっています。さらに経験と知識を身に着け「相手の立場になって考える」という当院の理念に沿った看護が提供できる看護師になりたいです。




關本 昇平

關本 昇平

子供の頃から入院することが多く、そのときに担当してくれた看護師さんの姿をみて看護師になりました。
男性看護師の数は徐々に増えてきていて、現在所属しているHCUでは男性看護師が自分を含めて3名おり、何か相談したいことや聞きたいことがあったらすぐに聞けるので非常に心強いです。男性ということもあって力を使う仕事内容(体位変換など)で力を発揮することが多いです。看護師の仕事は体力的にも精神的にもハードですが、一緒に働いているスタッフの人と協力しながら日々仕事をしており、やりがいや達成感を強く感じることができます。
現在はBLS(一次救命処置)インストラクターの仕事も行っているので、それは継続していき、可能であればACLS(二次救命処置)インストラクターの資格も取ってみたいです。




泉 侑志

泉 侑志

入職する前、看護師は女性の職場という印象が強く、男性看護師として上手くやっていけるか不安でした。しかし、働きだしてからそういった印象はなく、むしろ男性が必要だなと感じる場面が多くあります。また男性看護師も少しずつ増えてきて、同じ病棟に何人かいるだけで心強いです。
そう感じながら今年で8年目になり、今後の目標は、さらに男性看護師が活躍できる場を広げるために、日々の学習し、多くの方と関わり成長していくことです。
本当にやさしい先輩方が多く、いろいろ学べると思うので、一緒にがんばりましょう。





ページトップへ