voice of senior
先輩看護師の声

福井県済生会病院では現在、
多くの男性看護師が活躍しています。

男性看護師会(「だんねーざクラブ」)


安井 健人

安井 健人

僕が当院に就職した理由は、当院の患者さんの立場で考えるという理念に共感したためです。自分が看護学生の時に受け持った患者さんが普段はとても気さくで元気に見える方だったのですが、何度かお話をしていくうちに自分の病気や今後についての気持ちを、涙を流しながら語ってくれたことがあり、自分はその方について表面でしか見ることができていなかったことを実感しました。現在は自分が患者の立場だったらと考え、少しでも患者さんが抱える不安や辛さを理解することがとても大切だと実感しています。そして現場で対応に迷うことがあるときには、当院の理念「患者さんの立場で考える」という原点に戻るように努めています。
当院の魅力は卒後教育が充実していることです。そしてなんといっても一番は当院のスタッフがとても気さくで優しい方が多く働きやすい環境だという点です。就職時は女性が多い職場で働いていけるのか不安でしたが、男性看護師が各病棟に2~3人ほど在籍していたことと、同じ病棟ではない男性看護師も更衣室などで気さくに声をかけてくださったりしたことから、その不安は無くなりました。男性看護師は、少ないからこそより先輩方と親しくなれたり、相談や質問をしやすいという利点があると思います。また病棟内では力が必要な移乗介助や体位変換などのときに頼られたりと男性の強みを生かし、働くことが出来ています。




宇原 一志

宇原 一志

私は幼い頃から入院や手術などの経験が多く、心細い入院中に身体的だけでなく精神的にも支えになっていただいた看護師の方々に憧れて自分も看護師の道を目指しました。当院には認定看護師などスペシャリストの方々が多くおり、様々な知識を学びスキルアップができると思い入職しました。現在は外科病棟で勤務しています。
男性看護師は徐々に増加してきており、私の病棟には男性看護師が3名、他病棟にも同人数程度の男性看護師が勤務しています。看護師全体でみるとまだまだ女性中心の職場であることは否めませんが、術後の離床援助や体位交換など男性として必要とされる場面が多々あり、やりがいも感じています。
スキルアップについては、「夢」に向かう支援が充実していることを感じています。私は災害看護に興味があり、当院のDMAT(災害派遣医療チーム)に所属することができました。まだ災害現場での活動経験はありませんが、今後は災害医療・看護の知識を深め、災害に対する備えや災害時の対応について周知できる看護師になりたいと思っています。
また、当院には「だんねーざ」という男性看護師会があり、他病棟の看護師と交流を図っています。日頃の仕事の相談や関係を深めることで、勤務中も連携がとれ働きやすい環境作りにつながっています。将来的には男性看護師の活動の場を広げ、男性ならではの特性を活かせる環境作りにも関わっていけたらと考えています。




西本 高也

西本 高也

私が済生会病院に就職した理由は総合病院であり、最先端で最新の技術や知識が身につくと考えたからです。入職して透析室や内科、外科系の病棟に勤務して設備も器具も最新のものを使用でき、様々な分野の知識や技術を身につけることもできました。プリセプターシップで指導してもらえることで不安なことや分からないことがあった時には、先輩看護師に相談や助言をもらえ、成長していくことができたと思います。また、多くの福利厚生を利用できます。私も休日はスポーツジムを利用したり、夜勤明けの日はお風呂やサウナを利用し気分転換を図ることが出来ています。
入職当初は男性看護師も少なく不安もありましたが、現在は男性看護師の人数も増え、交流の場もあり、情報交換も行うことが出来るため、楽しく仕事を行うこともできています。人間関係も良好な職場環境であり、男性と言うことで特に困ったことはありません。
入職して友人も多く出来ました。若い頃は毎年恒例でスノボー旅行に行きました。また、この病院で伴侶と巡り合うことが出来ました。子供三人にも恵まれ、現在も二人で当院に勤務しています。子供が病気になった際は大変ですが、人間関係を含め、働きやすい職場だからこそ二人共に仕事を続けていると感じています。
現在の病棟では主任看護師として、主に退院調整の業務を行っています。役割としては患者の退院後の問題点の明確化と共有、必要に応じて多職種での退院前カンファレンスの実施や社会資源の調整などです。多職種との関わりが多くなり、チーム医療の大切さを身にしみて感じています。患者さんや家族が在宅に帰ってどの様なことに困るのかを考え、主治医はもちろん、ソーシャルワーカー、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などと連携して、在宅や地域に帰ってから自分らしく過ごせるよう考えることが出来るよう頑張っています。




大川 哲平

大川 哲平

「笑顔を引き出す看護ができる」当院のホームページを見た時に、患者やスタッフの笑顔が溢れていました。当院では、看護師として患者さんを笑顔にし、自分も笑顔になれる看護ができると思い魅かれました。
当院には「看護の力で病気を治すことができる」と看護の重要性を伝えてくれる先輩、「お前が頑張っているから俺も頑張るわ」と頑張りを認めてくれる同僚が居ます。年齢や経験に関係なく、モチベーションを高め合える仲間と共に看護ができることが当院の魅力の一つです。
また、当院では多くの特定・専門・認定看護師が在籍し、本人のやる気次第では個々のスキルアップにも協力的です。私も脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、上司や先輩たちの精神的なサポートの他、病院からの経済的な援助のもとスキルアップをさせていただきました。認定看護師取得後も、日々の看護の中で専門性だけでなく、看護師としての成長への援助体制が整っています。今後は、スペシャリストとして男性看護師の可能性を高められるよう様々なことに挑戦し、男性看護師のモデルとして、魅力を発信できればと考えています。
看護師として信頼できる仲間と共に一緒に成長し、たくさんの笑顔に出会いましょう。





ページトップへ