certified nurse
スペシャリスト紹介

「診療」と「看護」を繋ぐ役割を担いたい

<救急集中ケア領域>特定看護師
和田 志保美

ますます加速する少子超高齢社会、病気を抱えながら生活する人々が増える中、「治療」と「生活」の両面から患者を捉え、身体と心の状態の変化を予測しながら必要なケアを提供する看護職への期待はますます大きくなってきています。2015年10月1日、特定行為に係る看護師の研修制度がスタートし、私は、日本看護協会の救急領域の特定行為研修を2016年3月に修了致しました。今回、習得した医学的な知識や思考過程・判断力を活かし、医療安全の保障を第一に、入院から退院そして在宅医療、介護の一連のサービスを提供できる「診療」と「看護」を繋ぐ役割を担いたいと考えています。


ページトップへ