certified nurse
スペシャリスト紹介

その人らしい生活を送れるよう、
一人一人にあったケアを提供したい

皮膚・排泄ケア認定看護師
木下 治子

ストーマや瘻孔などのトラブルを生じた患者様のケアに関わったことが、皮膚・排泄ケア認定看護師を目指したきっかけでした。現在は整形外科病棟に勤務しており、外傷や四肢切断後の創、フットケアなどを行っています。
合併症による四肢切断の危機になる患者さんも多く、切断後は今まで使っていた手や足が使えなくなり、今までの生活が変わってしまう場合も多いです。その中で、なるべく元の生活に近づけるよう、創だけでなく、患者様をサポートする家族の方や社会資源を含めて考え、患者さんが少しでも早く社会復帰できるようにケアしています。
また、新たな発生や再発を予防できるよう、疾患のコントロールについての検討や、技工士の方に靴の型どりの依頼、理学療法士と共に歩き方など、患者さんにあった方法を提供できるフットケアを目指しています。医師や看護師、コメディカルと協働し、入院中だけでなく、退院後も安心して過ごせる環境を提供できるよう、専門的なスキンケアと創傷管理を行う認定看護師の役割を努めていきます。皮膚・排泄ケア認定看護師は4人になりました。専門分野をさらに高めあいながら、患者さん1人1人にあったケアを提供していきたいです。


ページトップへ