certified nurse
スペシャリスト紹介

連携施設や地域住民へ向けての
活動の幅も広げたい

救急看護認定看護師
安達 香織

新人看護師の頃に体験した蘇生現場での無力感から、「救急に強くなりたい、急変時に適切な対応を行いたい」という思いで、BLSをなどの救急蘇生コースに携わってきました。その中で、この一連の蘇生の流れのなかにある看護を追求したくて、認定看護師の教育課程を選びました。そのため、自分が経験した不安や迷いを基に、スタッフが実際に行動できるような指導を、繰り返し行うことを目標として活動しています。
救急看護認定看護師は、救急現場において緊急度・重症度を迅速に判断しながら、患者が的確な治療をスムーズに受けられるよう手助けを行います。急性期の患者さんの病態を理解し、適切なケアを提供することで、合併症を予防し早期回復、社会復帰へと繋がります。救急看護認定看護師が3名に増えたことで、院内の救急看護の実践能力の維持、向上、さらに連携施設や地域住民へ向けての活動の幅も広げていきたいと思います。


ページトップへ