certified nurse
スペシャリスト紹介

疾患と上手く向き合いながら
生活出来る支援を

慢性呼吸器疾患看護認定看護師
鍋島 美鶴

慢性呼吸器疾患とは、COPDや気管支喘息など、非感染性の気道、肺などに慢性の症状が持続する呼吸器疾患が主な疾患になります。
慢性呼吸器疾患は、内服管理や、吸入、感染予防など、日常の自己管理が大変重要です。自己管理できる事で、増悪を予防しその人らしい生活を送る事が出来ます。少しでもその人らしい生活が送れるように自己管理について援助して行きたいと思います。また、疾患の進行によって、NPPV(非侵襲的人工呼吸器)や、HOT(在宅酸素)を導入した患者のケアの介入を行い、安心して、在宅での生活が出来るように援助していきたいと思います。 
慢性疾患は、安定期から増悪を繰り返す事で、徐々に終末期を迎える事が多くあります。その病期にあったケアの提供、家族への援助を行い、疾患と上手く向き合いながら生活出来るように支援して行きたいと思います。


ページトップへ